PHILADELPHIA, PA – January 15, 2013–– ERT, a global technology-driven provider of health outcomes research services to biopharmaceutical organizations, medical device companies and contract research organizations (CROs), today announced significant milestones that reinforce its position as a leading eClinical trial solutions provider in Japan.  

ERT has completed registration for Kabushiki Kaisha (KK) in Japan and has formed a fully-owned subsidiary, ERT Asia Group, Ltd. The KK registration enables ERT to broaden the local services it provides in Japan and establishes a solid foundation to expand its Asian presence.  Along with this registration, ERT will grow the number of local resources in Japan that will work directly with its customers to deploy Japan-based projects.  Local teams will further enhance the quality of services that ERT is known for providing.

Having already deployed solutions in over 1,200 studies in Asia, this expansion enhances ERT’s capabilities to support the growing number of biopharmaceutical companies who are utilizing its eClinical solutions in trials throughout Asia.  ERT is the industry leader in delivering important health outcomes research services in support of clinical trials that include the enrollment of subjects in Asia. Trusted by researchers and regulators worldwide, ERT solutions in cardiac safety, respiratory and eClinical Outcome Assessments (eCOA) – including patient, clinician and observer reported outcomes - have been used to capture primary efficacy and safety data for treatments approved by the Japanese Pharmaceuticals and Medical Devices Agency (PMDA).

“We are pleased to have collaborated with so many global and domestic biopharmaceutical organizations on their Japanese-based clinical trials and to have delivered the valuable data they need to evaluate their products’ safety and efficacy profiles,” said Robert  Brown, Vice President, Business Development Asia-Pacific at ERT.  “Increasing the number of local ERT resources will enable us to work more collaboratively with our customers and our excellent partners in Japan and other Asian countries to increase efficiencies in study execution and improve the integrity of data collected in clinical research.”

ERT has launched a localized version of its corporate website (www.ertjapan.jp) to help Japanese biopharmaceutical researchers access important information about ERT’s eClinical trial solutions, capabilities, and currently available positions.  Website visitors can also view and download educational content including recent industry publications, podcasts, and webinars on topics pertaining to cardiac safety, respiratory, and COA data collection via the site’s comprehensive resource center.

For further information on ERT and its solutions please visit www.ERT.com or www.ertjapan.jp

About ERT

ERT (www.ert.com) is a global technology-driven provider of health outcomes research solutions and services supporting biopharmaceutical and medical device organizations to achieve their new medical product development and commercialization objectives. ERT harnesses leading technology coupled with reliable processes and scientific/regulatory expertise to collect, analyze and report on clinical trial data to support the determination of health outcomes critical to the approval, labeling and reimbursement of pharmaceutical and new medical products. ERT is the acknowledged industry leader in centralized cardiac safety, respiratory efficacy services, scientific and regulatory consulting, and Clinical Outcome Assessment (COA) solutions, which includes patient, clinician, and observer reported outcomes. ERT is a global organization with headquarters in Philadelphia, PA and offices throughout the U.S., U.K., Japan, and Germany.


Media Contacts: Christine Tobin ERT  +1-412-390-3000 x3502 christine.tobin@ert.com  


ERT、日本でのプレゼンスを拡大 日本の臨床試験におけるERTソリューションのさらなる採用により、株式会社設立登記とスタッフの拡大を実現 ペンシルべニア州フィラデルフィア – 2013年1月15日–– 生物製剤企業、医療機器会社および開発業務受託機関(CRO)にグローバルテクノロジー主導型の健康転帰研究サービスを提供しているERTは本日、日本で主要な臨床試験電子化ソリューションのプロバイダーとして自社の地位を強化するという重要なマイルストーンを発表しました。
ERTは日本での株式会社設立登記を終え、全額出資の子会社、ERT Asia Group, Ltdを設立しました。株式会社設立登記によって、ERTは日本で提供する現地サービスの幅を広げ、アジアにおける自社のプレゼンスを拡大する確固たる基 盤を確立することができます。この登記とともに、ERTは、日本における現地スタッフの数を増やし、日本を拠点とするプロジェクトを展開するにあたって日 本の顧客と直接作業していきます。現地チームは今後、ERTが提供する高いサービスの質をさらに高めていきます。
アジア全域で臨床試験にERTの臨床試験電子化ソリューションを利用する生物製剤企業の数は増加の一途をたどっており、アジアで既に1,200 件を超える臨床試験にソリューションを展開してきたERTは、この拡大によって、それらの企業をよりよくサポートすることができます。ERTは、アジアの 被験者も参加することのある臨床試験をサポートする重要な健康転帰研究サービスを提供する業界のリーダーです。世界中の研究者や規制機関から信頼されてい る心臓安全性、呼吸器および電子臨床転帰評価(eCOA)(患者、臨床医および観察者から報告された転帰を含む)におけるERTのソリューションは、医薬 品医療機器総合機構(PMDA)によって承認された治療の主要な有効性および安全性データを捉えるために用いられています。
ERTのアジア太平洋地域ビジネス開発担当バイスプレジデントであるロバート・ブラウンは次のように話しています。「日本を拠点とする臨床試験 において非常に多くの世界各国および国内の生物製剤企業と協力できたこと、またそれら企業の製品の安全性と有効性を評価するために必要な貴重なデータをも たらすことができたことをうれしく思います。現地のERTスタッフの数を増やすことで、当社は日本とアジア諸国の顧客および素晴らしいパートナーとより協 力し合うことができ、治験の実施における効率性を高め、臨床研究で収集したデータの完全性を向上させることができます」
日本の生物製剤研究者がERTの臨床試験電子化ソリューション、機能、および最新の求人情報についての重要な情報にアクセスできるよう、ERTでは企業ウェブサイトの日本語版を立ち上げました(www.ertjapan.jp)。ウェブサイトへの訪問者はまた、心臓安全性、呼吸器、およびCOAのデータ収集に関するトピックの最新の業界誌、ポッドキャスト、およびウェビナーなどの教育コンテンツを、サイトの総合リソースセンターで閲覧およびダウンロードすることができます。 ERTとそのソリューションに関する詳細はwww.ERT.comまたはwww.ertjapan.jpをご覧ください。
ERTについて ERT(www.ert.com)は生物製剤企業と医療機器会社が新しい 医療用品の開発および商品化の目標を達成できるよう支援する、グローバルテクノロジー主導型の健康転帰研究サービスプロバイダーです。ERTは、医薬品と 新しい医療用品の承認、ラベリングおよび償還に欠かせない健康転帰の決定を支持する臨床試験データを収集、分析および報告するための信頼できるプロセスお よび科学/規制関連専門知識とともに、主要なテクノロジーを活かしています。ERTは集中型心臓安全性、呼吸器有効性サービス、科学・規制コンサルティン グ、および(患者、臨床医、および観察者によって報告された転帰を含む)臨床転帰評価(COA)ソリューションにおいて広く認められた業界のリーダーで す。ERTは本社をペンシルべニア州フィラデルフィアに、そして事務所を米国全域、英国、日本およびドイツに構えるグローバル組織です。

メディア連絡先:
クリスティン・トビン
ERT
+1-412-390-3000 内線3502
christine.tobin@ert.com